副代表 上松 恵子

Profile

1980年岐阜県岐阜市生まれ。現在、小学校2年生の息子、年長の娘の二児の母。

広告会社にて、営業・企画等に従事。第二子出産を機に学校法人へ転職、広報担当。

2016年公益財団法人あいちコミュニティ財団に転職。

2017年、オフィスリブラとして独立。

株式会社ワーク・ライフバランス社加盟コンサルタント。

育休後アドバイザー。

岐阜県公認 コミュニティ診断士。

『働き方の多様性作りに貢献したい』との思いで、

女性の就職支援や企業内での働き方改革研修やコンサルに取り組む。

*以下、ボランティア経歴*

市民活動としてNPO法人マドレボニータ・NEC連携『NECワーキングマザーサロン』の進行役として参画。

東海三県の女性(62名)と「母となってはたらく」を語る会を実施。

NPO法人マドレボニータ正会員。市民活動団体『岐阜OYA-KO共育委員会』準備委員を経て、現代表。

・『岐阜OYA-KO共育委員会』として、地域の教育を考える場作り (2015/2016,各75名)

・岐阜市市民活動採択事業『地域でつくる子どもたちの放課後』(2017. 59名)

・岐阜体感遠足(2016年.3回)、岐阜マーブルタウン共催(9月600名・3月700名)、

その他、親子向け講座実施(各10〜30名/10回以上)岐阜市議との学童情報交換会

これまでの活動

例えば、ママ友に講師を依頼して実現した『親子キッチン』。

お父さんと子どもたちで料理に挑戦!

例えば、ママ友に講師を依頼して実現した『親子ヨガ』のレッスン。

公園で気持ち良くみんなでヨガ!


例えば、ママ友の職場の方々に講師を依頼して実現した『清流長良川でのカワゲラウォッチング』。珍しい生き物に身近で会える経験ができました!

こうした経験を通して、市民の力を生かした『市民講師』に力を貸してもらう

学童があったら、子どもたちの放課後が豊かになるのでは!と思うに至りました。

・ 市民講師として講師を依頼することで、地域の人々の活躍フィールドが増える。

・ 市民講師が増えれば、子どもたちの放課後が充実し、創造的な活動が増える。

この良い連鎖を始めたいと思っています。

【ヒトノネ】岐阜市の民間学童/アフタースクール

「ヒトノネ」は、岐阜県岐阜市で運営する【アクティブ・ラーニング型の民間学童】です。働くママ・パパの応援事業も行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000